ESTAを理解する:

USの自由の女神

ESTA(電子渡航認証システム)は、訪問者が米国に渡航する適格性を判定するための、自動システムです。ビザ免除プログラム(VWP)参加国からの渡航者のみ、システムを利用して申請することができます。

すべての渡航者は、ビザ免除プログラムの下、USAへ渡航する航空機に搭乗するにはESTA認証による承認を受ける必要があります。ESTAシステムにより渡航者はオンライン申請ができ、認証を受けることができます。ESTAシステムは、US国土安全保障省が管理するUS政府のプログラムであり、その目的は、米国に入国する権利を許可する前に乗客をスクリーニングすることです。

ESTAは、安全対策を強化するため、2009年1月12日付けで義務付けられました。現在、ビザ免除プログラム(VWP)の下で米国に入国する国外からの渡航者は、USAへの渡航前に、電子渡航認証を取得する必要があります。 覚えておかなければならない重要な点は、すべての渡航者が、米国に渡航する認証を受けるためには、機械で読み取り可能なパスポートを所持していなければならない、ということです。ESTAの申請手続きはオンライン上でのみ行われ、US国土安全保障省がそのシステムを管理しています。

認証を受けたESTAは、(ESTA発行日から)2年間またはパスポートの失効日の中、早い方の日付をもって失効します。

インターネットで申請して渡航認証の付与を受けるためには、次の条件を満たしている必要があります:
  • 申請者がビザ免除プログラム参加国の国籍を有していること
  • 滞在が90日未満であること
  • 有効なパスポートを所持していること
  • 渡航者は米国政府によって認知されている航空会社または船舶会社を利用し、復路便または乗り継ぎ便の航空券もし くは船舶のチケットを所持していて、その航空券の最終目的地 がUSと隣接する地域もしくは島嶼ではないこと。ただし、 渡航者がその地域または島嶼に居住している場合は除きます

どんな人がESTAシステムを利用できますか?

米国への渡航者で、ビザ免除プログラム(VWP)参加国の国籍を有する者が、その適格者です。渡航の目的は観光やビジネスであってもよく、滞在は90日を超えることができません。

下記が、ビザ免除プログラム参加国のリストです:
  • アンドラ公国
  • オーストリア
  • オーストラリア
  • ハンガリー
  • リトアニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス
  • ベルギー
  • デンマーク
  • リヒテンシュタイン
  • ルクセンブルク大公国
  • モナコ公国
  • アイスランド
  • アイルランド
  • 日本
  • サンマリノ
  • シンガポール
  • スロベニア
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ポルトガル
  • マルタ共和国
  • チェコ
  • エストニア
  • スペイン
  • スイス
  • スロバキア
  • 大韓民国
  • ギリシャ
  • ラトビア
  • ブルネイ
  • イタリア
  • スウェーデン
  • ノルウェー
  • チリ
  • たいわん

ESTA認証で取得できる権利は何ですか?

電子渡航認証が付与され次第、ビザ免除プログラム(VWP)の下で米国に渡航することができます。ESTA認証は必須ですが、それによりUSAへの入国を保証するものではありません。渡航者は、米国への到着時に、国境においてUS税関・国境警備局職員の定期的な入国審査を受けなければならず、審査官は適用法に従い、渡航者のUS入国の可否を決定します。

ESTAの申請が拒否されても、米国へ渡航するのに領事館にビザを申請することができます。

申請者または指定の代理人が提供する情報はすべて、真実かつ正確でなければなりません。承認された電子渡航認証は、どんな理由であれ、いつでもキャンセルすることができます。特に、新たな個人的な状況や新規の情報が申請に影響する場合にキャンセルすることができます。渡航の申請を行う際に故意にかつ意図的に、虚偽の情報や誤解を招く情報、または詐欺的な情報を提供すると、偽証罪などで訴えられる可能性があります。

ここをクリックして、申請を開始してください