ESTAとは何ですか?

出版年月日:

著者: Esta Visa

ESTAの概要

ESTA

ビザ免除プログラに基づき米国に入国しようとする場合、いくつかの要件を満たさなければなりません。最初にすることで、そして最も重要なことは、渡航するための許可をオンラインで申請することです。そのような許可はESTAと呼ばれています。ESTAは、「Electronic System for Travel Authorization(電子渡航認証システム)」を意味しています。ウェブサイト https://estavisa.jp/apply にアクセスしてオンライン申請する以外に方法はありません。Visa Waiver Program(VWP)の参加国は、特定の国*のみなので注意してください。

ESTAの渡航認証を取得したら、USAへ渡航する準備ができたことになります。観光目的、商用目的または他の国への乗り換えのために渡航することができます。ビザ免除プログラムを利用すれば、最長で90日間米国内に滞在することができます。

よくある質問(FAQ)

電子渡航認証システム(ESTA)とは何ですか?

ESTAは、ビザ免除プログラムに基づいて米国へ渡航する者の適格性を判断するのに使われる、自動化されたシステムです。

 

ESTAとは何ですか?

US入国管理局は、電子渡航認証システム(ESTA)により、渡航者が国家の安全を脅かす危険性を有しているかどうかを判断することができます。US発達した情報網のおかげで、米国入国管理局はセキュリティー情報の大規模なデータベースに頼るだけでいいのです。ESTAの申請はそのデータベースと照合する形でチェックされ、渡航者が適格性を有するかどうかを判断します。

 

なぜ米国の移民当局はESTAを求めるのですか?

米国の国土安全保障省は、ビザ免除プログラム(VWP)に基づき、渡航する者に関する新しいポリシーとプロセスを開始しました。今では参加国の国民およびその国籍を有する者は、長時間かかる商用ビザまたは観光ビザを申請することなく、米国に渡航することができます。新しいプロセスの下では、米国に出発する前に渡航認証を取得する必要があり、そのためには電子渡航認証システム(ESTA)のフォームを記入して送信しなければなりません。渡航者は、自分の判断で、または第三者か代理人を通じて、いくつかの質問に回答するよう求められます。渡航認証の申請を行ったら、申請者は申請状況のメールを受信します。航空会社は、米国に出発する前に、渡航者のESTAの状況を確認します。

 

誰が電子渡航認証を取得しなければならないのですか?

ビザ免除プログラム参加国のすべての国民およびその国籍者は、米国に渡航する前に渡航認証を申請しなければなりません。これは航空機または船舶で渡航する者に等しく適用されます。両親と渡航する一定年齢以下の子供についても、個別の渡航認証を取得しなければなりません。本人の代理人または第三者の方は、本人に代わって渡航認証の申請を行う必要があります。

 

どこに申請すればいいですか?

上記のように、ESTAの申請はオンラインでのみ行えます。オンラインフォームは、このサイト(https://estavisa.jp/apply)にあります。申請のため、記入が必須の事項に回答してください。渡航認証は、グループ内の各渡航者の分、必要になります。

 

オンラインフォームを記入するのに、どのような情報が必要ですか?

オンラインフォームには、2つのセクションがあります:最初のパートでは、申請者の個人情報とパスポート情報を入力します。次のパートでは適格性に関する質問が7つあり、それに回答しなければなりません。質問は、本人の健康状態、犯罪歴、ビザの履歴その他に関するものです。

オンラインで申請を行う際は、クレジットカードが必要になることを覚えておきましょう。申請を完了させるには、必要な支払いを行わなければなりません。

 

何か旅行に関する情報を提供する必要はありますか?

あなたの旅行に関する情報と米国での滞在先の住所は、必須ではありません。

 

既に記入・提出したESTAの申請フォーム上の情報を修正することはできますか?

渡航者は、申請フォームを通じて既に送信した情報を修正することはできません。ただし、メールアドレス、連絡先電話番号と旅行の詳細に関しては修正することが可能です。当社は、送信する個人情報とパスポート情報に細心の注意を払うことを強くお勧めします(個人情報、パスポート番号、発行日や失効日など)。送信後は、変更することはできません。

 

必要な場合、第三者が自分に代わって申請することはできますか?

答えは「はい」で、他の人が本人に代わって申請を行うことができます。そうは言っても、申請者は回答が正確であることと、信頼できることにつき、責任を負わなければなりません。第三者は、ESTAの申請料金を代わりに支払うことさえできます。

 

渡航認証の有効期間はどれぐらいですか?

承認を受けた渡航認証は発行日から2年間、またはパスポートの期限が切れるまで有効で、その中早い方の日付けをもって失効します。この承認は、税関または国境警備局が随時取消すことができます。

2つ以上の渡航認証の申請を行った場合はどうなりますか?

最後の渡航認証が有効になります。以前に提出したものは、有効性を喪失します。

 

米国に渡航するどれぐらい前に渡航認証を申請すればいいでしょうか?

US国土安全保障省は、出発の最低3日前までに、渡航認証の申請を行うことを推奨しています。旅行の詳細が分かり次第、時間的な余裕を十分もって渡航認証の申請を行うことを、当社は強くお勧めします。ESTAの渡航認証は発行日から2年間、またはパスポートの期限が切れるまで有効で、その中早い方の日付けをもって失効します。ビザ免除プログラム参加国のすべての国民およびその国籍者は、米国に渡航する前に渡航認証を申請しなければなりません。これは航空機または船舶で渡航する者にも等しく適用されます。両親と渡航する一定年齢以下の子供についても、ESTAが必要です。

 

申請が完了したら、いつ頃渡航認証を取得できるでしょうか?

ESTAの申請が完了したら、システムから24時間以内に結果が通知されるでしょう。システムが渡航する適格性があると判断し次第、渡航認証が添付されたメールが送信されます。その添付された渡航認証(ESTA)をプリントアウトして、渡航書類(パスポート、航空券等)と一緒に保管しておいてください。

 

ESTAには有効期限がありますか?

ESTAが付与され次第、発行日から2年間、有効となります。この期間中にパスポートの有効期限が切れた場合、渡航認証も失効します。パスポートを更新するときは、ESTAを再申請する必要があります。

この2年間の有効期間中は、USAに複数回渡航することができます。言い換えると、最初に取得したESTAが有効である間は、USAに来る度にESTAを申請する必要はない、ということです。

 

ESTAを新規に申請しなければならないのは、どのような状況においてですか?

  • パスポートを更新したとき
  • 氏名を変更したとき
  • 国籍を変更したとき
  • 性別を変更したとき
  • 7つの適格性の質問に関する回答を変更する必要があるとき

 

渡航認証を取得し次第、米国への入国が自動的に許可されますか?

ESTAを取得すると、米国へ渡航することは可能になります。しかし、米国への入国が自動的に許可されることまでは保証されていません。渡航者は、入国前に、税関と入国管理局のチェックを受ける必要があります。

 

ESTAを受信したら、プリントアウトしなければなりませんか?

当社は、メールで受信したESTAをプリントアウトして、渡航期間を通じて渡航書類と一緒に大切に保管しておくことを、強くお勧めします。

 

パスポート上の情報が変更されたとき、どうすべきですか?

パスポート上の情報が変更されたときは、ESTA渡航認証の申請を再度行う必要があります。

 

ESTAの費用はいくらですか?

当社のサービスを使ってESTAを申請する場合の費用は、[72.00 USD] で、この金額にはUS政府に必ず支払う必要がある手数料の金額も含まれています。Esta Visaは、お使いのクレジットカード会社から請求される追加料金については、一切責任を負いません。

 

支払方法にはどのようなものがありますか?

ESTAの料金を支払うには、クレジットカード支払いが必要です。MasterCard、VISA、American Express、Diners Club、DiscoverまたはJCBカードでの支払いを受け付けています。上記のように、第三者があなたのESTAの料金を支払うこともできます。申請者の名前と、クレジットカードの名義人の名前は一致する必要はないのです。

支払いが実行されるまで、ESTAは処理されません。

 

個人情報と支払情報は安全に扱われますか?

あなたの情報は、安全です。 当社が収集する個人情報は:

  • 名字
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス、および
  • 出身国(これらをまとめたものが「個人情報」)

etsavisa.jpは、手続きの透明性確保を最重要課題とし、最新のセキュリティー基準に準拠して、ユーザーの情報を管理します。当社は、個人情報を第三者と共有することは一切ありません。当社は、自社のウェブサイトに対して現在利用できる最新のインターネットのセキュリティー対策を施し、管理しています。そしてその状態を維持し続けます。

当社は、ユーザーの機密情報および個人情報に最大限の注意を払いながら業務を遂行します。当社のオフィスは、通常の手続きとして、処理する申請案件すべてについてプライバシーが保護されるようにしながら作業を行っています。

 

渡航認証とI-94Wフォーム

米国に陸路で入国する場合は、ESTAを所持している必要はありません。実際、国境で入国審査を受ける場合は、I-94Wフォームを記入する必要があります。費用は6ドルです。近い将来、陸路で入国する場合にもESTAシステムが導入される予定です。

 

渡航認証が付与されなかった場合、どうしたらいいでしょうか?

ESTA渡航認証が付与されなかった場合、米国領事館でビザを申請しなければなりません。

 

有効なビザを保有している場合でもESTAの申請が必要ですか?

答えは、「いいえ」です。ビザが現在も有効であれば、ESTAは必要ありません。米国へは、ビザを使って渡航できます。

 

まとめ

  • 誰が:38のビザ免除プログラム参加国からの渡航者
  • ESTAって何: 米国に渡航するための、渡航認証
  • どこで取得できるの: https://estavisa.jp
  • 何故ESTA: 米国の移民システムを簡略化するため
  • いくらかかるの: 承認および処理にかかる費用として、72ドル

 

お問い合わせ

お問い合わせ頂くには: https://estavisa.jp/contact。こちらからご連絡致します。

 

http://www.cbp.gov/sites/default/files/documents/fact_sheet_esta_4.pdf


Tags: , , , , , , , , , ,

ESTAを申請する