ニューオーリンズ旅行ガイド

出版年月日:

著者: Esta Visa

ニューオーリンズで楽しくのんびり過ごす

ニューオーリンズの教会

アメリカで最も興味深い都市の一つが、ルイジアナ州のニューオリンズです。ルイジアナ州は120年以上もフランスの植民地だった歴史があり、その影響は今も感じられます。ニューオーリンズはフランス、スペイン、アメリカの先住民、アフリカの様々な文化のるつぼで、アメリカの他の多くの都市とは一線を画しています。「カトリーナ」というハリケーンが街をひどく荒廃させてからおよそ10年がたちました。街はその大惨事から建て直し、今ではエネルギーにあふれ、世界中から観光客が集まってきています。ニューオーリンズを訪れるのに最高の時期は、マルディグラ(Mardi Gras)と呼ばれる有名な謝肉祭のシーズンです。本年は2月17日にその祭典が開催されました。さあ、ニューオーリンズへの旅行を計画して、ESTA渡航認証をすぐに手に入れて、この壮大な街と伝説的なマルディグラのお祭りを大いに楽しみましょう!

ニューオーリンズへの旅は、街でも有名なフレンチ・クオーター(French Quarter)から始めるといいでしょう。1788年のニューオーリンズの大火は、昔からあったフレンチ・クオーターの大部分、そしてフランス風の建築物を焼き払いました。その結果、現在ある建物は18世紀後半に建てられたもので、スペインの植民地の影響を受けた建築物です。その当時はスペインがルイジアナ州を支配していたからです。ほとんどの建築物にはとても魅力的なファサード(建物の正面部分)が設けられていて、バルコニーには美しく、華やかな鉄製の欄干等が備わっています。フレンチクォーターのメインストリートが、バーボン・ストリート(Bourbon Street)です。バーやパーティーで有名なバーボン・ストリートは、フレンチ・クオーターの中心部にあり、マルディグラ・カーニバルの祭典のメインストリートの一つです。マルディグラのお祭りの最中、パレードが街を練り歩き、人々は沿道の建物のバルコニーからカラフルなネックレスを投げます。人々はカラフルなコスチュームで着飾り、辺りは楽しく、愉快な雰囲気で包まれます。

フレンチ・クオーターにある著名な観光名所には、他にジャクソン・スクウェアがあります。広場の中央には、アンドリュー・ジャクソン大統領(このスクウェアの名前の由来)が馬に騎乗している興味深い像が立っています。大統領の像の後ろには、市の大聖堂であるセント・ルイス大聖堂があります。大聖堂は1789年に建てられたもので、とても魅力的な白亜の建物です。大聖堂の右手にはカビルド(スペイン語で、市参事会)があり、昔は市庁舎で、今は博物館になっています。カビルドは1795~1799年の間に建てられたもので、ニューオーリンズの植民地政府の庁舎でした。大聖堂の右手にはカビルドに合わせるようにして1793年に建造された、プレスビティアがあります。ジャクソン・スクウェアはとても明光風靡(めいこうふうび)な場所で、歩くと快適な気分になれます。

ジャクソン・スクウェアから徒歩でいける距離にあるのがカナル・ストリートで、ニューオーリンズを最も象徴する通りの一つです。カナル・ストリートにはたくさんのショップが立ち並び、ニューオーリンズの有名なストリートカーまたはトラムが通りのほとんどの部分をカバーしています。カナル・ストリートは、セントチャールズ・ストリートと交わっています。セントチャールズ・ストリートは、優雅でうっとりとさせるような南部スタイルで建てられた、ニューオーリンズで最も魅力的な豪邸が立ち並ぶエリアです。セントチャールズ・ストリートにも昔ながらのストリートカーがあり、沿道に続く住宅街を抜けると、ニューオーリンズの二つの名所にたどりつきます。オーデュボン公園とテュレーン大学です。

ニューオーリンズといえば、美味しいご飯。その有名なクレオール料理やメキシコ湾のシーフードを堪能せずに、街に来たとは言えません。有名なレストランにはArnaud’sやAntoine’sがあります。両方ともがクレオール料理のレストランで、フレンチ・クオーターに店を構えています。クレオール料理の最も有名なものの中にPo-Boys(ポーボーイ)という料理があります。ポーボーイは、ローストビーフ、エビフライ、オイスター、ナマズやソフトシェルクラブをはさんだボリュームのあるサンドイッチです。クレオール料理は他にGumbo(ガンボ)という料理も有名です。ガンボはオクラ、シーフード、チキンやソーセージ入りのライスシチューです。ニューオーリンズの定番料理に、Crawfish Etouffe(ザリガニのエトフェ)があります。ザリガニは、淡水で生息するタイプのロブスターです。ガンボと同じように、煮込んだ後にご飯の上にのせて食べます。甘いものをお探しなら、Beignet(ベニエ)が良いでしょう。ベニエは揚げドーナッツと似たようなお菓子で、砂糖でコーティングされていますが、真ん中はドーナッツと違って空洞になっていません。ベニエを販売している、街で最も有名なお店はCafé du Mondeで、ジャクソン・スクウェアにあります。

ニューオーリンズは、必見の価値がある街です。そこは、アメリカでも最も楽しく、イキイキとした街の一つです。ハリケーンのカトリーナが街を荒廃させてから10年近くがたちましたが、ニューオーリンズは力強く街を再建させて、ずっと街のイメージだったjoie de vivre(生きる喜び)が感じられる場所として再生を果たしました。マルディグラの期間中に街を訪れれば、アメリカで最もユニークで楽しいお祭りを味わう機会が得られることでしょう。ESTA渡航認証を早めに取得して、ニューオーリンズが誇るマルディグラその他のアトラクションや素晴らしい料理の数々を是非楽しんでください!


Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ESTAを申請する